すぐに内定を貰えるわけではありません

21-08

以前までなら自分の成長できる場所を選択するという事は、敬遠されていたのですが、そういう人を評価する企業も最近では増えてきています。ただ、転職にこの経験が皆無事を理由に踏み出せない人や、転職活動に不安を感じている人はたくさんいるので、不安に思う必要はこの事でないと知っておくことが重要です。

この事に関しては、企業から第二新卒が求められているのは能力よりもポテンシャル(潜在能力)で、成長をこれからしてくれる人を採用したいと思っていると知っておくことが大事です。夙に一つの弱みは、履歴書や面接でアピールする事が経験が小やかな事と重複するのですが、希少ということです。

転職活動をすれば第二新卒は今の主流だからといってすぐに内定を貰えるわけではありません。ですので、当然と面接でアピールする材料が小人数のは考え、自分の人柄や仕事に対する姿勢を小人数経験からでも伝える事が重要です。

基本的なビジネス知識は身につけ、研修も受けたと言っても、即戦力とはそれでならないのは自分が一番分かっていると思います。強みだけではなく弱みも知っておくことが、うまく転職活動を進めるのに役立つと思います。

「こんな事ができます」という事よりもポテンシャル採用で重要なのは、「私はこういう人です」というその人の人柄や姿勢が重視されます。説明の仕方次第でこの弱みに関しては、アピールの一つとして利用できます。

第二新卒者の経験が無しことは強みでもあるので、転職活動においてこの事に関してそんなに不利に働くことはないと思います。一番に第二新卒の弱みで思いつくのは、何といっても仕事経験の短さでしょう。

第二新卒は早期離職者の事なので、すぐに次の企業でも辞めるのではないかと見られている事も頭に入れておかなければいけません。勉強や経験を自ら進んで積むことを「自己啓発」と言いますが、企業は履歴書や面接からこの自己啓発をできる人か、できない人かを見抜こうとしています。