地元密着型航空会社や格安航空会社

21-01

現在も大きな事故にならないだけの小さなトラブルはよく耳にします。日本のLCCでも昨年11月に社内規定の基準に満たない整備士2人を機体点検責任者にしたとして国土交通省から行政処分を受けた航空会社がありました。

近年ではLCCとよばれる格安航空会社が参入して、平均的な価格が以前に比べるとかなり安くなったように感じます。世界には会社設立後一度も事故を起こしていないシンガポール航空のような優秀な航空会社もあります。

価格を優先するあまりどれよりも大事な安全が2の次になってしまっては如何しようもありません。飛行機はその他の乗り物に比べて安全な乗り物である事に間違いはないのですが、一度事故を起こしてしまった時の被害は他の乗り物の比ではありません。

航空会社もバスも安全第一に考えている会社を選んで下さいね。逆に何度も事故を起こした航空会社も過去にはありました。

日本は昔からJAL/ANA/JASと航空3社が争ってきた歴史があります。でも飛行機で一番大事なのは、価格よりも安全であるべきです。

十年程前にJASがJALに統合され代わりにスカイマークやエアドゥ?・ソラシドエア・スターフライヤーといった地元密着型航空会社や格安航空会社が新規参入してきました。